森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

若手弁護士座談会

入所を決めたきっかけは何ですか?
また、入所後の印象を教えてください。

朽網

本日は、お集まり頂き有難うございます。この座談会では、若手弁護士の目線から、森・濱田松本法律事務所がどんな事務所なのかを改めてざっくばらんに話し合い、発信できればと思っています。早速ですが、皆さんが数ある法律事務所の中で森・濱田松本に入所された理由や、入所後の印象について教えてもらいたいと思います。廣田さんは、いかがですか?

廣田

私は、ロースクール生時代にサマークラークなどに参加して様々な法律事務所を訪問する中で、森・濱田松本は、とにかく風通しがいい事務所だなというのを強く感じました。もともと、自分が弁護士になりたいと思ったのも、若手の間から、一人のプロフェッショナルとしての自覚を持って、自分の意見を積極的に言える環境で仕事をしたいという思いがあったので、それを最大限実現できる環境が整っていると感じたことが一番の理由です。

高石

私は、もともと、幅広く複数の業務分野の経験を積みながら自分の専門分野を決めて行きたいという思いを持っていて、森・濱田松本のローテーション制度に魅力を感じていました。また、私もサマークラークなどに参加して、森・濱田松本では、それぞれの弁護士が自分の個性を活かして伸び伸びと仕事をしていて、事務所としての雰囲気もいいなと思い決めました。

朽網

お二人とも、実際に森・濱田松本に訪問して、魅力的な人や、目標にしたいと感じる人が多かったということのようですね。金光さんはどうですか?

金光

私は、森・濱田松本で採られている島制度が魅力的に思いました。島制度によって、自分の周囲に色んな弁護士がいることで、仕事の種類に留まらず、仕事のやり方とか生き方を自然に学ぶことができます。何か悩み事があったとしても、いつも誰か周りに仲間がいるので、相談したり、教えをもらったりできるので、とても心強いです。サマークラークに参加するまでは、同じ部屋に常に人がいるのは落ち着かないんじゃないかと思っていたのですが、相談できる人がすぐそばにいる居心地の良さを一度体験してしまうと、もう一人部屋は寂しくて耐えられないと思います(笑)。

朽網

他方で、森・濱田松本は「体育会系」だなんて噂されることもあると思うのですが、そういった噂について不安などはありませんでしたか。体育会系じゃなさそうな(笑)、藤田さんはいかがでしたか?

藤田

実際に森・濱田松本に入ってみると、物静かな人もいれば、元気の良い人もいて、想像していた以上に色々なタイプの弁護士がいるなと感じました。「体育会系」と聞くと、例えば「上下関係が厳しそう」というイメージがありますが、実際にはそのような空気は全くありません。むしろ、先ほども話があったように、仕事でも、仕事以外の場面でも、若手の意見が凄く大切にされていて、非常に風通しがよく、「体育会系」という表現はまったく当てはまらないと感じています。

朽網

風通しのよさや、若手弁護士が活き活きしていることがきっかけになったという声が多いようですが、伊藤さんは、実際に入所してみての印象はどうですか?

伊藤

そうですね、私が森・濱田松本に入所を決めたきっかけも、まさに若手の弁護士が活き活きと仕事をしているところでした。私は、弁護士としてキャリアを積み重ねていく中で、仕事のスタイルなどを培うという意味で最初の数年間が肝心であり、若手の間に、どれだけ充実した仕事ができるかが非常に重要だと考えていました。実際に入所してみると、聞いていたとおりで、若手に活躍の場を積極的に提供してくれていて、充実した弁護士生活をスタートできていると感じています。もちろん、積極的な貢献が求められる分、責任も重いですけど、やはりそのことが高いモチベーションで仕事を続けられる理由の一つになっていると思います。

教育システムについて教えてください。

朽網

それでは、次に、教育システムについて伺いたいと思います。高石さん、森・濱田松本の教育環境についての説明とともに、実際入所して感じていることを教えてください。

高石

森・濱田松本に入所すると、まず、最初の1か月間は、各業務分野の導入的な講義や、マナー研修、集中英語研修といった様々な研修を受ける新人研修プログラムが用意されています。そして、この研修期間が終了すると、実際に案件を担当して経験を積んでいくことになります。いわゆる、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)ですね。やはり、実際の案件を通じて、経験を積みながら勉強していくことが、一番成長につながると実感しています。もちろん、OJTといっても、経験豊富な先輩弁護士と共に担当することになりますし、しっかり見守ってフォローもしてくれます。まずは自分の頭で考えて主体的に案件に取り組むことができ、かつ、フィードバックも適切に受けることができるので、日々、成長を感じながら仕事に取り組めています。

朽網

案件の色々な場面で、若手弁護士が主体的に関与し率先してリードすることもあるのは、まさに森・濱田松本の特徴の一つですよね。他に、森・濱田松本の教育システムの特徴として、ローテーション制度が挙げられると思うのですが、金光さんは、実際にローテーション制度を経験されてみて、いかがでしたか?

金光

私は、ローテーション制度でファイナンスとM&Aの業務を担当しました。入所した当初は、ロースクール生の時にファイナンスの分野に触れる機会がなかったこともあって、自分はM&Aに専門的に取り組むのかなとも思っていたのですが、実際業務の中で自分がどのような役割を果たすのか、自分の能力を最大限活かせるのはどういった分野かといったことは、実際に経験してみないとわからないという思いもありました。ですので、M&A以外の分野も半年かけてしっかり担当して、自分のキャリアプランを考えることができたのは、とても有意義でした。結局、私は自分の専門分野としてファイナンスを選択したのですが、ローテーション制度がなければ、おそらく具体的なイメージを掴むことなくM&Aを選択していたと思いますので、やはりローテーション制度はとても重要な機会を与えてくれたんだなと思います。

藤田

私は、ローテーション制度のお陰で、業務の幅が広がりました。ローテーションでは、M&Aと訴訟の業務を担当したのですが、どちらもとても面白く、引き続き両分野の案件に関わっていきたいなと思い、4年目になった今でも、両分野の案件を担当しています。両分野は関連するところも多く、両方を経験することで生じる相乗効果もありますので、若手のうちに本当に良い経験を積ませてもらえていると実感しています。入所した段階から業務分野が1つに固定されなかったのは、自分にとって、すごくプラスだったなと思っています。

朽網

確かに、弁護士として、もし自分が幅広い業務分野の経験を積みたいと思えば、ローテーション制度で回った業務分野の両方を軸にすることもできるので、ローテーション制度は非常に有意義ですね。他の教育システムとしては、各業務分野の専門の弁護士が、その業務分野の最新の情報について講義をしてくれるCLEや、特定の業務分野に興味を持つ弁護士が集まって勉強会などを行うプラクティスグループがありますよね。CLEなどは、各業務分野の第一人者から最新の情報のアップデートを受けることができるというのは、非常に勉強になりますし、やはり、大きな事務所のメリットかなと思いますよね。

伊藤

私の所属するM&Aのプラクティスグループでは、今まで議論されたことがないような最先端の論点を、まさに実際の案件において検討した弁護士が説明したり、集まったメンバーで熱い議論が繰り広げられたりします。今後、社会的注目を浴びそうな案件や論点について、その業務分野の第一人者の弁護士と議論ができる、あるいはそういった先輩方の議論を目の当たりにできる環境が整っていることも、教育システムのひとつとしてとても有意義だと思っています。その他には、英会話プログラムも用意されており、若手弁護士は皆、これを受講して英語に関する研鑽も積んでいますね。

島制度について実際感じていることを教えてください。

朽網

森・濱田松本の執務環境として特徴的なのが島制度だと思います。伊藤さん、島制度の魅力はどのようなところにありますか?

伊藤

私自身、島制度はとても気に入っています。必ずしも同じ島の弁護士とだけ一緒に仕事をしているわけではないのですが、比較的期の近い弁護士からパートナー弁護士まで、色々な年次の弁護士がすぐ身近なところで執務しているので、例えば、電話応対を一つにしても、また、日々の業務の時間管理にしても、その様子を見聞きできるのは、それだけで非常に勉強になります。その意味では、島制度は、特に、若手弁護士にとって良い環境なのかなと思っています。また、仕事以外でも、定期的に「島会」という飲み会が開かれるなど、プライベートでも良い人間関係を築くことができて、不要なストレスなく日々の業務に取り組めるのも、島制度のメリットなのかなと思っています。

金光

案件でわからないことがあると、経験豊富なパートナー弁護士に質問や相談をしたりすることがよくあります。そういう時に、もしパートナー弁護士が個室にいたら、わざわざノックして部屋に入って質問することになるのかなと想像しますが、私としては、少しハードルが高いかなと思ってしまいます。それに比べて、島制度だと、後ろを振り返れば同じ部屋の中でパートナー弁護士が仕事をしているという環境なので、質問や相談が気軽にできて、スムーズにコミュニケーションが取れるので、良い環境だと感じています。そういった開けた執務環境が、事務所全体の風通しの良さにも繋がっているのではないでしょうか。

高石

風通しの良さは、案件の議論をする場合に、執務スペースに点在する「合議室」と呼ばれる部屋にパートナー弁護士から1年目のアソシエイト弁護士まで案件担当者が集まってディスカッションをしていることにも表れています。フラットな議論が自然とできることも、島制度から生まれる事務所の雰囲気の影響が大きいのではないでしょうか。

朽網

確かに、パートナー弁護士と同じ部屋という点が特徴的ですよね。他にも、パートナー弁護士よりは期が近い先輩弁護士が身近にいる点も、島制度はいいなと思っているのですが、その点はいかがですか?

廣田

島制度のおかげで、先輩弁護士とも距離感がとても近くて、気軽に何でも話すことができますね。仕事以外の日頃の相談などにも乗ってもらえるし、一緒にご飯を食べに行きましょう、なんてことも日常的によくありますよね。逆に、自分が先輩の立場であれば、後輩が何か困っているときには声をかけやすいですね。例えば、同じ島の弁護士がリサーチに行き詰っていて、それが昔に調べたことのある論点だったら、こういった文献があるよ、といった具合にすっと教えてあげることができますし、逆にその弁護士から自分も教えてもらうこともあって、自然な形で高い相乗効果が生み出されている気がします。島内の弁護士が、自分の知らない論点などについて他の弁護士と内線や立ち話をしているときに、「今の話何ですか?」と話しかけて教えてもらうことも凄く勉強になるので、僕はよく聞き耳を立てています(笑)。

朽網

逆に、個室の方が仕事の効率が良いのではないかとか、島だとちょっとうるさいんじゃないかといった点はどうですか?

藤田

私は、あまり気にならないですね。当たり前ですが、皆、集中して業務に取り組んでいますので、効率が落ちるといったことを感じたことはありません。夕方になって、それぞれ業務が一段落したなという雰囲気ができてきたら自然と島内で雑談することもありますが(笑)。また、島制度と言っても、一人当たりのスペースは十分に確保されていて、ある程度プライベート感も保たれているので、仕事に集中できないと感じたことはないですね。

森・濱田松本の女性弁護士を取り巻く環境について教えてください。

朽網

森・濱田松本の女性弁護士を取り巻く環境ということで、女性弁護士としてキャリアを積んでいくに際して、森・濱田松本に所属していて働きにくさや不安を感じることはあるでしょうか? 藤田さん、いかがですか?

藤田

森・濱田松本には、男性・女性を問わず色々な個性を持った人がいて、それぞれが自分にあった働き方やスタイルで仕事をしており、それを互いに認め合う環境があると感じています。個人の選択が尊重されているということなのだと思いますが、そういった意味で、個人的には、女性弁護士だから働きにくいと思ったことはないですね。また、制度面でも、例えば、産休・育休制度のほか、各人の状況に応じた勤務時間の調整、メンター制度、ベビーシッター代の補助等といった子育て支援制度があるなど、むしろ女性弁護士として仕事を続けていくための制度は充実していると思います。

朽網

女性弁護士同士の交流などはいかがですか?

藤田

同期の女性弁護士達とは女子会と称してよく集まっています。他にも、先輩の女性弁護士や、パートナーの女性弁護士から食事に誘ってもらうことも多く、女性弁護士同士の仲はとても良いと思います。また、スタッフは比較的女性が多く、所内イベントでは弁護士だけではなくてスタッフも交えて盛り上がるので、私としては、とても働きやすい環境だなと感じています。

朽網

逆に、仕事の中で、女性弁護士ならではのやりがいを感じることはありますか?

藤田

最近は、企業でも特に法務部では女性の方も多くなっていて、案件でも女性の担当者とやり取りする機会が増えているなと感じているので、同じ女性同士、気軽に相談しやすいと思ってもらえることを目標にしています。

金光

私はファイナンスの仕事が中心なのですが、確かに、お仕事をご一緒する証券会社でも、女性の方が多いなと感じています。案件の中で、女性が自分だけという場面はそれほど多くないですね。とはいえ、お互いプロとしてベストな仕事をする、という関係ですので、仕事をしていて何か「女性弁護士だから」といったことが気になったことはありません。むしろ、女性ならではのきめ細やかで丁寧な仕事、みたいなものを強みにできたらいいなと思いますが、そのあたりは今後の課題ですかね(笑)。

朽網

素晴らしい心意気ですね! 逆に、男性から見て、近くの女性弁護士が子育てと仕事をうまく両立されているなとか、そういったことを感じることはありますか?

伊藤

私の周りの、小さなお子さんがいる女性弁護士は、皆さん働き方をうまくコントロールして、子育てと仕事を両立されているなと感じています。産休・育休の制度を利用したり、個々人の状況に応じて、勤務時間を調整したりされています。

廣田

森・濱田松本は、「女性だから」、「男性だから」といったことはなくて、それぞれの弁護士が、労働時間の点も含めて、働き方を自分でコントロールしやすい環境や風土が根付いているのだと思います。例えば、自分のプライベートで何か予定があればその時間を避けて仕事するなど調節できるので、余計なストレスなく仕事に取り組めているなと実感しています。

今一番大変なことは何ですか。

朽網

次は、今、皆さんが一番大変だと感じていることを伺いたいと思います。金光さん、どうですか?

金光

私は弁護士になってもう3年目になるんだということに、プレッシャーを感じています。やはり、入所したばかりの頃、3年目の先輩弁護士はもう一通りの業務に対応できていて、本当にすごいなと感じることが多かったので、自分がそこに到達できているのだろうかという不安はあります。他方で、森・濱田松本で2年間経験を積んできて、少しずつ色々なことができるようになってきたことも実感しているので、3年目として恥ずかしくないように頑張っていきたいです。

朽網

実際の仕事の内容に関連して大変だなと思うところは何かありますか? 例えば、高石さんはストラクチャードファイナンスの仕事が中心ですよね?

高石

ストラクチャードファイナンスでは、案件によって異なりますが、年次に応じて担当する契約書の種類が変わってくることが多いです。例えば、初めのうちは比較的難易度の低い契約を中心に担当し、2年目の後半ぐらいから3年目にかけて難易度の高い契約などを担当する機会が次第に増えてきます。やはり新しい領域に入っていくプレッシャーはありますし、3年目というと、金光さんからも話があったように、一通りの業務に対応できることが期待されるというプレッシャーもあり、両方のプレッシャーがかかってきます。また、他に英語なども留学に向けて少しずつ準備を始める時期なので、色々とやるべきことが増えてくるのが3年目なのかなと感じています。そこが、一番の課題であって、大変だと感じているところです。

伊藤

私もローテーションが終わってM&A業務を中心に扱っていますが、やはりその分野の仕事に特化していくにつれ、取り扱う仕事の量自体が多くなってきているので、日によっては夜遅くまで残ることもあります。他方で、特にM&Aの業務分野で顕著なのかも知れないですが、チームで仕事をすることが多いので、うまく他のチームのメンバーとコミュニケーションを取りながら、協力して様々な調整を図りつつ、自分のやるべきことに集中して取り組むことができているのかなと思っています。主体的に業務をコントロールして進めていくことは面白く、充実感を覚える一方、自分自身がしっかりしなければという責任感もありますので、その点が大変といえるかもしれません。成長や充実と大変さは表裏一体なところがあるように思います。

廣田

私は、3人よりも1つ年次が上ですので、一通りのM&Aの業務を「対応できるようになってきた」ではなく、「対応できる」ことが求められる点にプレッシャーとやりがいを感じています。若手のうちは、先輩に面倒を見てもらっているという安心感があったように感じていますが、最近は自分が判断を主導する場面が広がっており、一人のプロフェッショナルな弁護士として、今まで以上にしっかりと仕事をしなくてはいけないと感じています。入所時に思っていた、早く「一人前」になりたいという弁護士像に近づいてきていると実感はしていますが、入所時には、抽象的にしか想像できていなかった、「一人前」になることの意味、具体的には、自分で判断したことに責任をもつことのプレッシャーを今まで以上に感じています。

朽網

訴訟でも、大変な事件であるほどやりがいや達成感も大きくなるので、そこは表裏一体だと感じます。大きな訴訟が終わったときは、チームで打ち上げをしながら大変だったねとねぎらい合いますが、そのときの達成感も大きいので、また頑張ろうと思えるところですね。

仕事以外のプライベートは?

朽網

それでは、次に、仕事以外のプライベートについてですが、休日にはどういうことをして過ごされているか、ざっくばらんにお伺いできればと思います。

伊藤

森・濱田松本では、スポーツにしろ、音楽にしろ、共通の趣味を持った弁護士やスタッフが集まってサークルのように活動しているグループが多数あります。私は、その中で、フットサルのサークルの主将をやっています。そのサークルでは、他の法律事務所や企業のサークルと練習試合をしたり、年に1回か2回は、メンバーで旅行に行ったりしています。この前の夏には那須に行ってバーベキューをしました。仕事を一緒にしたこともない、また話したこともない先輩・後輩・スタッフとも交流が深まってたくさん話ができるので、休日のリフレッシュという意味だけでなく、色々な人との人間関係も拡がって楽しいなと思っています。

高石

私は、今、クラシック音楽を中心にやっているサークルの幹事を務めていて、弁護士だけでなくスタッフも一緒になって、年に2回、演奏会を企画しています。普段交流の少ない他分野の弁護士やスタッフの方との交流の機会にもなりますし、自分自身演奏することは大好きなので、とても良い活動だと思っています。実は所外でも大学の友人らと不定期に演奏会を催しているのですが、忙しい中でも自分の趣味を継続していくことは、リフレッシュして仕事へのモチベーションを維持、向上させることにも繋がるので、日々楽しく過ごすことは大切なことだと実感しています。

廣田

私は、とにかく、友人とお酒を飲みに行っていますね。週に最低でも1回は飲みに行きます。事務所の先輩と飲みに行くときは、仕事での悩みを聞いてもらったり、その年次での仕事の内容や大変なことなどをざっくばらんに聞いたりしています。また、違う分野の業務に取り組んでいる同期も、私と同じような課題・悩みに直面しているので、そこでの様子、大変だと思っていること、後輩との接し方等色々なことを話して参考にしています。実際は、8割以上は仕事ではなくくだらない話をしていますが(笑)、弁護士という仕事において人と人との繋がりは大切だと思っているので、お酒を飲む機会も仕事と同じように大事にしようと思っています。

藤田

廣田さんと同じ期ですが、私の期では、入所以来、定期的に同期会を開催しています。出向に行く同期の壮行会をしたり、金曜日に飲みに行ったり、夏にはみんなでバーベキューに行きました。4年目ということもあり、普段はそれぞれ異なる業務分野の仕事をしているので顔を合わせる機会もそこまで多くないのですが、同期で集まると、廣田さんも言ったように、くだらないことから真面目なテーマまで色々と話が尽きません。同期の頑張っている様子を聞いて自分ももっと頑張ろうという気持ちにもなるので、今後も同期会は定期的に開催していきたいです。

朽網

夏休みはどのように過ごしましたか?

金光

私は、同期の女性弁護士と二人で一緒に、カリブ海のリゾート地に行って来ました! 海も空も青くて、ご飯もびっくりするほど美味しくて最高でした。しばらく仰向けで寝られないくらい日焼けしてしまって、顔を見れば遊んできたことが一発でわかる状態になってしまったのですが、他の弁護士たちに嫉妬されることもなくスムーズに仕事に戻れました(笑)。1週間リラックスして、リフレッシュして、お土産を喜んでもらって、また仕事を頑張ろうと思いました。皆、普段忙しいのは事実ですが、お休みのときは家族や友人との時間を大切にしている弁護士が多い気がします。

朽網

高石さんは小さなお子さんがいらっしゃるんですよね。ぜひ育メンぶりを聞かせてください(笑)。

高石

私は、なるべく平日に仕事を頑張って、休日は子供と過ごす時間を増やすようにしています。休日に仕事をしなければならないときでも、リモートで自宅からでも事務所のネットワークにアクセスできるシステムも整っているので、子供との時間を最大限確保できます。

今後どのような弁護士生活を送りたいですか?

朽網

それでは、最後の質問ですが、今後の目標、自分が描く将来像を順にお話しください。では、廣田さんどうぞ。

廣田

私は、まずはこれから2、3年で、自分の専門分野であるM&Aについて、クライアントからも事務所内からも、一人前の弁護士として認められる弁護士になりたいと考えています。その上で、私は幼少の頃に海外に住んでいたことがありますので、漠然とですが、そういったバックグラウンドをうまく活かして仕事がしたいと思っています。私は結構、はっきりと主張するほうですし、英語にもそれなりに自信があるので、特にクロスボーダー案件で、クライアントの利益のために、絶対に守らなければいけない場面や強く交渉しなければならない場面で、弁護士としてのプレゼンスを発揮できるようになりたいと考えています。

金光

私は、ささやかな目標なのですが、何年後かに留学に行くときに、一緒にお仕事をしているクライアントの皆様に壮行会をしていただけるような存在になることが目標です。そのためには、ただ仕事をうまくこなすだけではなくて、クライアントから信頼されて、「留学から帰って来たらまた一緒に仕事がしたい」と思っていただける関係を築いていかなければならないと思っています。アセットマネジメントの仕事をしていると同じクライアントと継続的に仕事することも多いので、きちんとした信頼関係を築いて、クライアントの皆様から、帰って来て欲しい、また一緒に働きたいと思っていただけるように仕事をしていきたいと思います。

朽網

実際に壮行会を開いていただけたら、弁護士冥利につきますし、何より嬉しいですね。高石さんはいかがですか?

高石

私は、今は、現在担当している一つ一つの仕事を丁寧に進めつつ、自分の強みとなる分野を作りたいなと思っています。ファイナンスが軸になるとは考えていますが、ファイナンスにおいては英語を使う機会が多いので、まずは留学に行くことを目標としたいと思っています。留学から帰って来た後は、自分の軸になるファイナンス分野をベースにしながら、その他にも何か新たな分野を開拓できたらいいなと思っています。将来の弁護士像としては、クライアントに信頼していただける、一生懸命かつ丁寧に仕事をこなすことができる弁護士になりたいと思っています。

藤田

私も、他の方からも話があったとおり、まずは信頼される弁護士になるということが目標です。他にも、最近思うのは、クライアントにお出しするプロダクトのどの一つをとっても、一定のクオリティで満足するのではなくて、常にベストなものを提供し続けられる弁護士になりたいと思っています。そのクライアントが何を求めているのか、この案件では何がベストなのかというところを、手を抜かずに追求し、どんな状況でも辿り着ける弁護士になりたいと思っています。

伊藤

私は、クライアントが本当に困っていることに対して、自分なりの意見やソリューションを、自信を持って伝えられる弁護士になりたいと思っています。そして、そのためには、何か一つ、自分の強みを持つことも大切だと思いますが、様々な問題を様々な角度から分析し、想像力も常に働かせながら日々の仕事をすることが一番の近道だと考えていて、その目標に少しでも近づいていきたいと考えています。

朽網

目標というと、長期的なものと短期的なものがあると思うのですが、私としては、長期の目標はまだあまり具体的ではなくて、一つあるとすれば、幅の広い弁護士であり人間になりたいなと思っています。それは、何より業務分野もそうですし、人間関係についても、クライアントをはじめ、友人や仕事仲間、更には家族などもいるわけですが、色々な意味において幅のある、器の大きい弁護士になれたらいいなと思いますね。他方で、より短期的なところで言うと、自分の目の前にある一つ一つの仕事を、責任感を持ってやり切れる弁護士になりたいです。クライアントからすれば、一世一代というか、人生や会社運営の分岐点になるような仕事も多いと思いますので、相談や依頼が自分のところに来ているということの重みを感じ、その自覚と責任感をしっかり持ちながら、一つ一つの仕事に向き合うことを積み重ねていきたいと思っています。

一同

おぉ、さすが熱い!

朽網

皆さん、本日はどうもありがとうございました。