森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

若手弁護士座談会

入所を決めたきっかけは何ですか?
入所前後で印象は変わりましたか?

中尾

本日はお集まりいただきありがとうございます。この座談会では、採用活動を通じて多く寄せられる質問について、若手弁護士の目線からざっくばらんに意見交換してみたいと思っています。早速ですが、皆さんが森・濱田松本への入所を決めたきっかけや、入所前後での印象の変化について教えてもらいたいと思います。樋口さんは、いかがですか?

樋口

私は、幅広い業務を取り扱う大規模事務所の中でも、一つの業務分野に固定せずに様々な業務が経験できるというのが森・濱田松本を選んだきっかけになりました。実際、ローテーションが終わった後も、紛争案件を中心としながら、M&Aや時にはファイナンスまで、分野横断的な業務を担当しており、幅広い経験を積むことができているという実感があります。そういった意味で、私は入所前後でギャップを感じませんでした。

井上

私は、いくつかの法律事務所のサマークラークに参加してみて、森・濱田松本で感じた若手の元気の良さと風通しの良さが、入所の決め手になりました。特に、そこで会った若手弁護士がとても活き活きと仕事をしていて、懇親会の際にも楽しそうに経験談を語ってくれたのが印象的で、入所したら自分もそうなれるのではないかという良いイメージを持てました。また、合議では若いアソシエイトが自分の考えを堂々と話したり、懇親会ではパートナーが笑いを取ったりと(笑)、年次を問わずに意見を言いやすい雰囲気だという印象も受けました。実際に入所して、イメージしていたとおりに伸び伸びと仕事ができているので、私も入所前の印象と変わりはありません。

中尾

辻さんや前山さんが入所を決めたきっかけは、いかがでしょうか?

私の場合は、漠然と「弁護士として、ビジネスの世界に関われたら面白そう」くらいの関心はありましたが、それ以上に大規模渉外事務所で仕事をする具体的なイメージはありませんでした。ただ、いろいろな事務所を訪問する中で、森・濱田松本が若手を育てることにとても熱心で、自分が一番成長できる事務所だと感じました。例えば、島制度ローテーション制度など、若手の自主性を育み、成長をサポートするという姿勢が事務所の制度としても根付いているように感じましたし、今でもその認識は間違っていなかったと思います。

前山

私は、ロースクールを卒業するまでずっと福岡に住んでいたので、地元の一般民事の法律事務所か、東京の企業法務の事務所に入るかで迷いました。最終的には、森・濱田松本のウィンタークラークや就職活動を通じて、企業法務、特にファイナンス分野により興味を持ったという経緯もあって、そのような分野をより多く取り扱うことのできる森・濱田松本に決めました。

中尾

そもそも「企業法務」と言われても、学生さんからは少しイメージが湧きにくい面もあると思うのですが、「企業法務」についての入所前後のイメージに何か変化があった人はいますか?

井上

企業法務は、クライアントが特定の一個人ではなく企業という集団なので、ドライな世界であるという印象を持たれがちだと思いますし、入所以前は、私もそのように考えていました。ただ、実際に業務に携わってみると、企業法務は思っていた以上にウェットです。というのも、私たち弁護士が日々の業務の中でやりとりをするのは企業の役員や従業員の方々という生身の人間で、その方々と議論をする中で、多くの利害関係者が何を考えているかを深く理解し、クライアントにとってより良い結論を導くためのアドバイスをすることが求められます。しかも、その結論が社会的に大きなインパクトを与えるケースも多いため、必然的にコミュニケーションは密になるので、想像していた以上に熱いものでした。

中尾

事務所の雰囲気に関して、「森・濱田松本は体育会系なのですか?」という質問もよく寄せられますが、実際のところはどうでしょうか?

岡成

私がロースクール生のときは、「体育会系」というと上下関係が厳しそうとか、先輩弁護士から理不尽な要求をされることもあるとか、そういうイメージを抱いていて、正直、入所前には少し不安に思ったこともあります(笑)。ただ、実際に入所してみるとそのイメージとはまったく違っていて、パートナーや先輩弁護士との距離の近さに驚きましたし、仕事で受ける指示は明快で、求められるタスクの内容はとても合理的だと感じています。私の中では、「みんなで一つの目標に向けて力を注ぐ」ことやそれを「達成したことを喜ぶ」ことなど、そういうどこか体育祭や学園祭に似た雰囲気があるという意味なのかなと理解しています。

中尾

私自身はどちらかというと先輩弁護士に対しても忌憚のない意見を言いすぎてしまうタイプですが(笑)、クライアントにとってプラスになるのであれば、年次を問わずに自分の意見を積極的に言うことを良しとする自由闊達な雰囲気が、入所を決めたきっかけの一つになりました。

島制度は仕事しやすいですか?

中尾

先ほど、辻さんから触れていましたが、森・濱田松本の特徴的な執務環境としては島制度が挙げられます。この島制度についてもよく質問が寄せられるのですが、実際に感じていることを話していただけますか?

前山

森・濱田松本では、アソシエイトもパートナーも、「島」と呼ばれる一つの部屋を複数人で共有する形で仕事をしています。入所する前は、パートナーと同室で仕事をするのはプレッシャーを感じてしまうのではないかなという不安がありました。実際には、年次の近い先輩弁護士に相談や質問をしやすいですし、電話対応などからクライアントとのコミュニケーションの作法やテクニックを学ぶこともできるので、島制度だからこそ得られるメリットは非常に大きいと感じています。

井上

同じ島で執務する先輩弁護士と案件で協働する場合には、細かな部分まで丁寧に指導していただける機会が増えていると感じます。例えば、クライアントにお電話で説明をした後に、それを聞いていた先輩弁護士から、「あれはこういう背景や理由があって質問されているから、こういう表現で伝えればもっと良かったね」とか、「次にお話しするときにはこういった内容も補足しておくと有益だよ」といったフィードバックをもらえるのは、非常に勉強になります。

最近はIT設備も充実してきているので、リモートシステムを利用して在宅で仕事をすることや電話会議・TV会議のシステムを利用した打ち合わせも多くなっていて、フィジカルなオフィスという枠を超えた働き方も広がっています。そういう中で、とりわけ大規模な事務所では弁護士同士の人間関係の希薄化が懸念されますが、島制度を通じて多くの弁護士と関わる機会が制度的に担保されているのは、とても良いと感じています。

岡成

島制度というと、ずっと同じ島に固定されるという誤解をもたれることがありますが、入所して最初の1年間はローテーション制度によって半年ごとに島を移動します。その後も、若手のうちは2~3年で席替えが行われたり、自分が移動しなくても新しい弁護士が加わったりするので、島のメンバーが固定化することはありません。また、執務中は部屋のドアを開けておくことが基本のスタイルですし、個々の案件の担当弁護士は島と関係なく構成されますので、周囲の島で働く弁護士とも日常的に接触があります。また、「島会」と呼ばれる島のメンバーでの懇親会が定期的に開かれたり、近くの島で執務する弁護士と普段からご飯に行ったりして、業務以外でも良い人間関係を築くことができるので、余計なストレスなく日々の仕事に集中できます。

中尾

相部屋では落ち着かなくて仕事にならないということはないですか?

樋口

私の現在所属している島は、事務所内でもトップレベルに賑やかな島だと思いますが(笑)、私は気にならないですね。当たり前ですが、皆さん集中して業務に取り組んでいますし、一人一人の囲われたスペースも十分に確保されているので、島であるから効率が落ちてしまうと感じることはありません。

中尾

自分の仕事が早く終わっても、先輩弁護士より先に帰りづらいといった雰囲気はないでしょうか?

樋口

それもよく聞かれる質問ですが、そんな雰囲気は全くありませんね。各弁護士がやるべきことをきちんとやれば、帰るタイミングなどに気を遣う必要はありません。このスタンスは、森・濱田松本に永く受け継がれている健全なカルチャーだと思います。

教育システムはいかがでしょうか?

中尾

事務所選びにあたっては、若手アソシエイトに対する教育体制はとても気になるところだと思います。森・濱田松本の教育システムについて教えていただけますでしょうか?

前山

まず、入所直後の1か月間は、各業務分野の導入的な講義やマナー研修、集中英語研修といった様々なテーマから成る新人研修プログラムが用意されています。この研修期間が終了すると、実際に案件に加わって経験を積んでいくことになりますが、1年目はローテーション制度の下で複数の業務分野に取り組む体制になっています。私は、現在は主にファイナンスの業務を担当していますが、ローテーション期間中に担当したM&A案件での経験が、ファイナンスの業務に活きてくることもたくさんあります。

岡成

ローテーションによって事務所内で大きく席を移動することによって、様々な業務分野や執務フロアの弁護士と顔を合わせ、人間関係を構築することになります。そのため、2年目以降も、そのような人間関係をきっかけに席の離れた弁護士と一緒に新しい案件を担当することもあり、取り扱う業務の幅を維持し拡大することもできます。私も、前山さんと同様、今はファイナンス業務を行っているのですが、M&Aでのローテーション中にご一緒したパートナーから、大きなM&A案件のファイナンス部分の専門家としてお声掛けをいただくことが多く、私の業務ポートフォリオにおける一つの柱になっています。キャリアプランという観点でも、まずは1年目で様々な業務分野に触れ、幅広い業務経験を積むことは非常に重要だと思います。

中尾

いわゆるOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)の観点ではいかがでしょうか?

樋口

森・濱田松本では、経験の浅い若手アソシエイトであっても一弁護士として実際の業務を主体的に担うことにより成長が促される、というのが特徴的だと強く感じています。例えば、クライアントとの会議や裁判期日において、単に同席してメモを取るだけではなく主体的・積極的に発言するという経験を通じて、黙って見ているだけでは決して身につかない実戦力を早くから体得して成長していく、という環境が整っています。もちろん、先輩弁護士を含めた合議で入念な打ち合わせをした上で会議や期日の本番に臨むわけですし、先輩弁護士も負けじと発言しますので、自分だけに過剰な負荷が掛かるという心配はいりません。まれに、特定の業務に特化して知見を深める教育システムを採用していないため成長が遅いのではないかと訊かれることもありますが、特に入所から2~3年目の時期は、一つ一つの案件に主体的に取り組むことで弁護士として日々成長しているという強烈な実感があります。

中尾

その他にも、教育システムとしては、各業務分野に精通する弁護士が、その業務分野の最新の情報について講義をしてくれるCLEや、特定の業務分野に興味を持つ弁護士が集まって勉強会などを行うプラクティスグループがありますね。このあたりはいかがでしょうか?

司法試験の勉強で問題演習ばかりやっていても体系的な知識が付かないのと同様に、案件を通じて個々の論点に関する知識や経験を身に付けることと並行して、講義等を通じて知識を継続的に習得していくことも非常に重要だと感じています。その意味では、OJTで実務経験を積みながら、CLEやプラクティスグループで最新の情報を学ぶことのできる環境は理想的です。例えば、私の所属するМ&Aのプラクティスグループのランチ勉強会では、新規性の高い案件を進める過程で問題となったどの文献にも載っていないような論点について、案件担当者からの報告を通じてメンバーに共有されるとともに、さらに発展的な未知の論点についてもそれぞれの知識や経験に基づいて議論が繰り広げられます。

女性弁護士を取り巻く環境について

中尾

続いて、森・濱田松本の女性弁護士を取り巻く環境について紹介してください。

井上

例えば、いわゆる産休・育休制度はもちろん活用されていますし、子育て中の弁護士が執務時間のパターンを自ら選択できる制度の利用者も増えています。また、子育て経験がある先輩弁護士をメンターとして育休後の執務イメージなどの相談ができる体制やベビーシッター代を補助する制度なども用意されています。「女性だから」という理由で不自由やデメリットを感じたことはなく、男女問わず、個々の働き方が尊重される環境だと感じています。

岡成

2018年1月には、所属弁護士がニーズに合わせた働き方を選択できるこのような制度や工夫が評価され、大規模事務所としては初めて、第二東京弁護士会の「ファミリー・フレンドリー・アワード」を受賞しました。出産や、(男女問わずに)子育てについてサポートする制度がありつつ、男女の区別なく活躍することが期待されるというのが、森・濱田松本の特徴だと思います。

樋口

案件の性質や状況にもよりますし、クライアントのニーズにお応えすることを第一に考える必要はありますが、早朝や週末を含め、いつ何をするかについて自分自身の裁量に任せられている部分は大きいので、誰しもに働きやすい環境です。

中尾

男女の違いという視点だけでなく、子育てや介護の有無、さらにはワークライフバランスに関する考え方などの違いによって、今後、働き方はどんどん多様化していく傾向にあると思います。そのような状況でも、個々の働き方が尊重される環境を維持していくために様々な取り組みが行われており、こうした面も多様性を重視する森・濱田松本の強みの一つですね。

休みの日は何をしていますか?

中尾

少し話題を変えて、皆さんの休日についても聞かせてください。

井上

私は、運動と気分転換を兼ねて、週に1回程度、ボクササイズのジムに通っています。目下の悩みは、マイグローブを買うかどうかです(笑)。

一同

あははは(笑)

前山

入所当初はどのような仕事にも時間が掛かってしまいがちですが、年次が上がるにつれて、各作業に大体どれくらいの時間を要するのかの見通しが立つようになり、効率的に業務に取り組むことができるようになってきていると感じています。長時間執務することが常に褒められるというものでは決してないので、抱えている業務量を上手にコントロールする勘所を少しずつ身に付けていく感じですね。

樋口

森・濱田松本には、フットサル、テニス、ゴルフ、トレッキング、野球など、いろいろなサークル活動があります。私は、フットサルサークルに所属していますが、練習や大会で汗を流すほか、新年会や忘年会などで交流を深めています。弁護士に限らずスタッフもたくさん参加していますし、弁護士も様々な分野の人が参加しているので、業務の垣根を越えて事務所内に友人・知人が増えます。こういったサークル活動を通じてリフレッシュしています。

前山

スキー・スノーボードのサークル活動では、毎年冬に苗場で合宿しています。今年も盛り上がりましたよ!

中尾

あと、私個人としては、事務所外の友人と飲みに行くのは良い息抜きになりますし、頑張っている友人の話を聞くのは刺激にもなります。もちろん、所内の弁護士とご飯や飲みに行くことも多いですね。

井上

先輩後輩を問わず、お昼や夕飯を一緒にすることは多いですね。岡成さんともよくご飯に行っていて、仕事での悩みからプライベートまでいろいろな話をしています。女子会もしましたね(笑)。

岡成

そうですね。案件で関わったことのない後輩とも話せて、すごく楽しかったです。いろいろな悩みも共有できますし、また是非やりたいなと思っています。

中尾

岡成さんはよく海外旅行に行くと聞きましたが、最近はどこに行きましたか?

岡成

毎年夏休みには海外に旅行するようにしていて、昨年はイタリアに行きました! 業務との兼ね合いとしては、自分の担当している案件のスケジュールを勘案しながら休みを取るように心掛けています。自分が休んでいる期間中は頼もしい他の案件メンバーが対応してくれるので、毎年、思い切りリフレッシュして帰ってきます。

中尾

皆さん、週末や夏休みなどのリフレッシュの時間は大事にしていて、仕事とプライベートのメリハリをしっかりつけているということですね。

大変だと感じること、やりがいを感じること

中尾

次は、入所以来、皆さんが仕事をする上で大変だと感じたこと、やりがいを感じたことなどを聞いてみたいと思います。

樋口

私の場合、1年目のローテーション前半でM&A業務を経験し、後半では事業再生業務を経験しましたが、いずれもそもそも取引や手続がどのように進んでいくのか、そこに弁護士がどのように関与するかについて具体的なイメージがまったくなかったので、かなり戸惑った記憶があります。

岡成

私は主にストラクチャード・ファイナンスの業務を担当しているのですが、年次が上がるにつれて、次第に案件における中核的な契約書のレビューや案件全体の取り纏めを任されることになっていくので、それが今一番大変ですね。その裏返しに一つの案件の中で自分が携わる範囲も広がるので、やりがいも増しています。

前山

最近では、案件メンバーに後輩の弁護士が入ることもあり、先輩弁護士としてどのように接すべきかについては、結構悩みます。特に、かなり専門的な分野の案件について、経験のない1年目の弁護士と初めて仕事をするときには、単に自分がこれまで得た知識に基づいて案件を進めるだけでなく、後輩弁護士にどこまで任せるべきか、どのような指示が一番明確かなどを考えながら仕事をするようになりました。

私は、最近英語を使う案件が多くなってきたのですが、やはり英語の契約書を読んだり、英語のメールを書いたりするのは苦労しますね。日本語の案件と同じように、英語の案件でもスラスラと対応できるように力を付けたいですね。

樋口

私は、紛争案件を多く担当しているのですが、やはり勝訴判決を得られたときが一番誇らしく思いますね。クライアントにもとても感謝されるので、また頑張ろうという思いがより一層強くなります。

井上

クライアントから感謝されたときは、どんな場面でも嬉しいですよね。例えば、M&Aの案件で、難しい交渉を乗り越えて契約締結まで至ったときに、クライアントから「井上さん抜きにはここまで来られませんでした!」と言ってもらえたときは感激しました。

大勢の案件メンバーで大規模案件に関与できることも森・濱田松本で働くことの良さですが、クライアントから一人の弁護士として信頼してもらえるような仕事ができたときにもやりがいを感じます。例えば、私に直接お電話をいただき、お話しする中で疑問点を一つずつ解決することができたときなどは、クライアントにいただける感謝の言葉がとても胸に響きます。

前山

ファイナンス案件の場合、正確なドキュメントを作成して、スケジュールどおりに調達完了まで導くことが大事になってきます。その過程で発生する論点について、隅々までリサーチを行ってアドバイスを提供しながら案件を前に進めていき、最後に「森・濱田松本に依頼してよかった」と言ってもらえると、努力が報われたと感じますね。

どのような弁護士になりたいですか?

中尾

それでは最後に、今後どのような弁護士になりたいかについて、皆さんのお考えを聞いてみたいと思います。

これまではM&A案件に多く携わってきましたが、これからはもう少し分野を広げていきたいと考えています。最近は、ファンドや買収ファイナンスの案件にも挑戦していて、M&Aを主軸としながら、資金調達までのリーガルサービスをパッケージとして提供できるような弁護士を目指しています。

前山

私が主に携わっているアセット・マネジメントは、今後も成長が期待される分野の一つであり、その成長に比例して弁護士の活躍の余地はますます拡大すると考えています。隣接分野に関する知識も常に吸収していきながら、ビジネスの視点も踏まえたアドバイスをしていくことを通して、アセット・マネジメントという分野全体の発展に貢献できるような弁護士になりたいです。

樋口

私は、紛争案件を中心に、会社法関係やM&Aなどの案件にも携わっています。将来的に取り扱う業務分野は変わっていくかもしれませんが、もう少し大きな視点で言えば、誰からも信頼される弁護士になりたいです。クライアントが困ったときにまず一番に連絡をしたくなるような、また、同僚の弁護士からも相談されるような、信頼される弁護士になることが目標です。

井上

仕事をしていると、例えばM&A案件に携わっているからといって、その専門知識だけでは期待されるアドバイスを提供することは難しいと感じます。幅広い知識を習得してこそ、そもそもクライアントがどうしてそのビジネスを行いたいのか、どういった点を懸念しているのかといった背景まで理解し、的確なアドバイスができると思うので、少しでも早くそのようなサービスを提供できる弁護士になれるよう頑張ります。

岡成

最近特に感じるのは、仕事を通じて憧れる弁護士が森・濱田松本にはたくさんいるので、その人たちの「すごい」と思った部分を兼ね備えた弁護士になりたいですね。皆さんの良さを吸収して自分のものにできたら、理想の弁護士になれるのではないかと思っています。

中尾

最後になりますが、私は、常に仕事に対する向上心を持って、いつまでも成長を続ける弁護士でありたいです。また、一度きりの人生なので、楽しみながら弁護士業務に邁進する気持ちを忘れずにいたいです。そうすれば、何十年か経って振り返ったときに、森・濱田松本に入って最高の弁護士人生を送ることができたな、と自信をもって言えるのではないかな、と考えています(笑)。皆さん、本日はどうもありがとうございました。