森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

01

研修・教育プログラム

新人研修プログラム

MHMでは、入所直後の新人弁護士を対象に、法科大学院での法教育や司法修習と、事務所で扱う企業法務の案件の橋渡しをする目的で、最低1か月の新人研修を実施しています。新人研修では、主に、講義形式による研修と集中英語研修のプログラムを用意しています。

講義形式による研修

MHMが誇る各分野の第一人者の弁護士が、講義形式で実務を解説します。講義内容は、倒産法、独占禁止法、知的財産法、労働法、金融商品取引法、金融関連業法等といった法分野や、M&A、ストラクチャード・ファイナンス、投資信託、プライベートエクイティ、中国・アジア等の国際業務、英文契約といった実務分野など、多岐に及びます。これらの講義は、新人弁護士が、企業法務を担当する上で必要な最低限の知識を身につけると共に、各分野を俯瞰する幅広い視野を養成することを目的としています。

集中英語研修

MHMでは、グローバルに活躍できる若手弁護士の育成の一環として、語学力の向上をサポートする数々の仕組みを設けています。その第一歩として、新人研修期間のうち一定期間を英語研修期間と位置付け、専門の外部講師による集中プログラムを実施しています。集中プログラムにおいては、終日英語のみによる研修が実施され、レベル別グループレッスン等を通して基礎力の向上を図るのみならず、英文メールのドラフティングや英語でのプレゼンテーション等の実践力の強化も行います。

継続研修プログラム

高まり続ける法律実務家への期待に応えるには、最先端の法令・裁判例・学説および実務に関する知識・経験の蓄積や研鑽が不可欠です。
MHMでは、①若手から中堅の弁護士を対象として、各自の専門分野に限らず幅広く各実務分野における実践的な基礎知識を共有することを目的とする継続研修プログラムである「基礎連続講座」、②全弁護士を対象とし、重要な法改正、裁判例、最新実務等の情報をいち早く共有することを目的とする講義形式のプログラム「CLE(Continuing Legal Education)」を展開しています。
これらのプログラムにより、MHMでは、若手から中堅の弁護士による専門性の向上をサポートするとともに、年次・経験を問わず全ての弁護士が不断に成長していくための機会を提供しています。

英語力の向上

MHMでは、グローバルに活躍する弁護士にとって必要不可欠な英語力のレベルアップのため、主として留学前の若手弁護士を対象としたサポート・プログラムを用意しています。
毎週行われるネイティブスピーカーとのマンツーマンの英語レッスンを中心とする同プログラムにおいては、個々の弁護士の英語力や興味分野に即した実践的なレッスンを受けることができます。
また、英語によるドラフティング技術の向上のため、MHMに所属する外国法事務弁護士等によるセミナーやポイント解説も実施しています。