森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

04

案件への取組み

案件への取組み

若手弁護士がプロフェッショナルとして成長していく上では、実際の案件への取組みを通じた実践力の向上が鍵となります。MHMでは、案件ごとに、世代・経験・専門分野(在籍フロア)の異なる弁護士がチームを構成し、各案件の性質に応じたベストメンバーで対応しています。具体的な案件においては、各弁護士が「合議」を通じて対等な立場で議論を尽くし、最高のリーガルサービスを提供しています。
特に、MHMでは、若手弁護士が、多様な専門分野を有する数多くの先輩弁護士と幅広く業務をともにする中で、その適切なサポートの下、積極的かつ中心的に案件に関与することを推奨しており、このような案件への取組みが、若手弁護士の成長と活躍につながっています。

また、最高のリーガルサービスを提供し続けるためには、各案件のチームがそれぞれ個別にベストを尽くすだけでなく、情報・ノウハウの共有をはじめとした弁護士間の協働が必要不可欠です。MHMでは、最高水準の性能を備えた所内データベースを整備することで効率的な情報共有を図るとともに、ローテーション制度や定期的な座席移動により自由闊達で風通しの良い雰囲気を醸成しており、ハード・ソフトの両面から、弁護士間の協働を強力に促進する仕組みを設けています。

MHMの若手弁護士は、このような最高の環境の中、積極的に案件に取り組むことを通じて、プロフェッショナルとして成長・飛躍していくことになります。