森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

Partner棚橋 元

Firm of Choice〜選ばれる事務所〜

これが当事務所が掲げるビジョンです。

依頼者の方々があって初めて成り立つのが法律事務所です。クライアントの皆様が新たな案件に取り組むとき、何らかの課題に直面されたとき、最初にコンタクトしていただける弁護士となり、事務所となること、これを目標に、国内そして海外に合計10拠点で、総勢450名以上の弁護士と550名を超えるスタッフが力を結集し、不断の成長を目指しています。

Firm of Choiceを実現するためにはどうするか。それには、事務所に参集する個々の弁護士一人ひとりが、プロフェッショナルであることを強く自覚して、卓抜した力量を備えていることが不可欠であると考えています。クライアントの意向・背景を深く理解すること、専門分野に対する深い知識・洞察力を持つこと、他方で常に幅広い視野を持って判断できること、クライアントに寄り添い、時には厳しい言葉も投げかけ、最後の最後まで真摯に解決を目指すことなど、さまざまな力・資質が、弁護士には必要となります。

もちろん、すべての資質を個人ひとりで備えることは容易ではありません。それぞれの弁護士には、豊かな個性があり、当然ながら得意・不得意もあります。クライアントとのコミュニケーションが得意な弁護士、専門的な分野での知識では絶対的な自信を持つ弁護士、大局観に立っての判断で周囲を呻らせる弁護士、本当に多様です。したがって、全てではなくとも、この点だけは負けない、得意であるものを持っていることが重要だと考えています。

こうした、得意とするものを持った弁護士が集まり、かつ、弁護士それぞれが、年次や経験を問わず、互いに率直に意見を交換し、時には議論を戦わせ、ベースでは互いを信頼し尊重している。事務所がこのような弁護士が集まっている場となれば、自ずと、クライアントの方々も、何かあるとき最初にコンタクトしてくれることになるものと信じています。

また、弁護士が前線で活躍できるのも、多くのスタッフの協力があってこそとなります。スタッフそれぞれの専門性を活かした的確で迅速な対応があって、事務所全体としての力を発揮できることになります。そのためには、事務所が何を目指しているのか、Firm of Choiceというビジョンも含め、スタッフにも共有し理解いただくことが大切であると考えています。その結果、事務所に所属することに喜びを感じ、誇りを持ってもらい、ひいては個々人の自己実現、クオリティ・オブ・ライフの実現に寄与できることを目指しております。

以上の考えのもと、これを実現するため、当事務所の弁護士・スタッフ一同、日々新たなチャレンジに挑み、取り組んでおります。ぜひ、多くの皆様に当事務所にご関心を持っていただき、森・濱田松本法律事務所という舞台で、ともに活躍し、成長できることを楽しみにしています。

弁護士 棚橋 元