森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

業務内容

JOB OUTLINE

事務所には、東京オフィスだけで約450名のスタッフが働いています。秘書、パラリーガル、翻訳など、弁護士のクライアントワークを直接サポートする部署の他、IT担当、図書、広報、総務、経理など、所内の弁護士や各部署のスタッフの業務が円滑に行われるよう支える部署があります。それぞれの業務に積極的に取り組む中で、お互いに協力し合いながら、自分の専門性を活かして活躍している職場です。

その他の業務

国内パラリーガル

債権回収案件、倒産(主に破産管財)案件、相続財産管理案件を担当します。債権回収案件では、保全、訴訟、民事執行、公正証書作成、時効管理等を行います。破産管財案件では、破産管財人弁護士と連携して、契約関係の処理(賃貸借契約等)、資産の換価(売掛金の回収、在庫商品の売却等)、債権調査、配当等の業務を行います。相続財産管理案件では、財産の換価や債権債務の清算、国庫への帰属業務を行います。いずれも法的専門性と所内外との高いコミュニケーション能力が求められる業務です。

証券セクション

外国籍の投資信託や不動産投資法人の開示書類等、様々な有価証券の開示に関連する書類の作成に関して弁護士の業務を補佐します。仕事の内容としては、開示書類の作成業務にとどまらず、国内外のクライアント・関係者とのコレスポンデンスも前面に立って担当し、また、法令・規則の確認作業、各種の数値やデータのチェック等も行います。業務を行う上で弁護士との緊密な連携が欠かせませんので、日々、弁護士と協働しながら仕事を行います。証券セクション内で他のメンバーと協働することも少なくありません。

知財パラリーガル

知的財産分野の案件に関し、弁護士及び弁理士のサポートを行います。具体的には、商標登録出願に関する書類・各種審判の申請書類などの書類の作成・特許庁への提出、案件の期限管理、クライアントへの報告を行います。海外での出願案件では現地代理人とのやりとりなどに対応します。また、各国の権利情報・判例・文献などのリサーチ、裁判証拠の調査・収集・整理など、対応する業務は多岐にわたります。

弁理士

国内外の商標登録出願をはじめ、商標権の更新手続、商標調査など、商標関係全般にかかる業務を取り扱います。また、特許・実用新案・意匠・商標の登録原簿・出願経過の確認や、権利の移転、実施権・使用権の設定、質権設定などの各種登録手続を行います。出願内容の相談時にはクライアントとの密なコミュニケーションが欠かせませんし、弁護士とチームを組んで案件に取り組むことも多いため、所内外とのコミュニケーションを大切にしながら取り組みます。

司法書士

商業登記の他、不動産登記、債権譲渡登記及び動産譲渡登記などが主な業務です。法律改正に対する対応や新しい分野・複雑な案件に取り組む場合は、最善の解決策を求めて、弁護士と共に検討します。複数の司法書士によりチームを編成していますが、個々の司法書士が専門性を高めながら、クライアントとのコミュニケーションを通して、ベストなリーガルサービスを提供することを最優先に日々の業務に取り組みます。

中国翻訳

法律、公文書、契約書等の中国語と日本語間の翻訳を行います。日本人翻訳者が和訳と中訳チェックを、中国人翻訳者が中訳と和訳チェックを担当します。翻訳作業は基本的には個人で行いますが、大きなプロジェクトではチームを編成して進めます。正確かつ適切な翻訳は、弁護士がプロジェクトを正しい方向に進めるための支柱の一つとも言え、翻訳をしながら文書の内容をきちんと把握し、よりよい表現にするため翻訳者間で知恵を出し合い、弁護士の助言を受けながら翻訳を完成させます。

事務局

弁護士の裁判手続きの補佐として、定型的な書類の起案から裁判所へ提出する公文書の取得、証拠に関する資料作成、現地調査、供託、執行立会等を担当します。また、企業の資産調査、裁判証拠の調査・収集にも対応します。その他、大量の書類のコピー・製本、判例・文献のリサーチ、法務局や金融庁、関東財務局等への書類提出やクライアント企業に出向いての書類の受取等、多岐にわたり弁護士業務を補佐します。

図書

約75,000冊にも及ぶ蔵書や日本のみならず海外の専門誌を、図書独自の蔵書管理システムにおいて管理します。また、これまでの膨大な判例や最新の法令・改正情報・改正沿革、企業情報等の複数のデータベースを管理・活用します。そして、これらの文献情報・判例や法令に加え、官公庁公表情報・新聞記事を含む各種情報を常にウォッチし、法律や経済など幅広い分野の情報を所内に情報発信し、弁護士業務をサポートします。

ナイトスタッフ

昼間の秘書に代わり、夕方から夜間にかけて簡単な秘書業務に従事しています。国内外のクライアントからの電話による問い合わせの対応、ファクシミリの受送信、コピー作業や資料作り、夜間帯のバイク便や海外へのParcel Serivceの手配など、夕方以降の時間帯の弁護士業務全般について補佐します。

IT担当

事務所の運営や業務に関係する新規アプリケーションの開発や導入・保守、弁護士やスタッフ向けのIT研修やサポート、マニュアル作成、所内で運用するサーバーや電話、ネットワークシステムの構築・管理・保守、そしてセキュリティ対策・管理など、各分野のスペシャリストでグループを構成し、業務に対応します。事務所の拠点が国内外に展開し、所内のユーザーも多国籍化していることから、業務も国際化しています。

総務

弁護士やスタッフのために機能的かつ安全で衛生的なオフィス環境を整える業務を担っています。総務業務は多岐にわたりますが、①建物(設備)やオフィス家具等の什器・備品の管理、②外部業者との契約交渉や各種対応、③外部業者関連の書類管理等が主な業務内容です。東京オフィスだけでなく国内外の拠点オフィスにも関わっており、対人折衝能力だけでなく書類作成等PCスキルも求められる部署です。

広報

事務所の業務拡大や弁護士のプレゼンス向上のため、また、基本理念である"Firm of Choice"実現のため、①クライアント・リレーション―クライアント向けのセミナーやレセプションの企画、運営や管理、②メディア・リレーション―国内外メディアからの問い合わせの対応や各種法律事務所・弁護士ランキング等の対応、③ウェブサイトの運営・管理―弁護士や事務所の活動等に関する情報の発信、④事務所、各オフィスやプラクティス・グループの各種パンフレット作成、そして⑤印刷物作成―年賀状やクリスマスカード、その他挨拶状の作成等、日々外部に様々な情報を発信します。

経理

事務所の出入金管理や財務管理を担当しています。法律事務所には弁護士業務特有の案件別管理業務があり、取り扱う案件数が膨大であることから、それぞれについて出納管理するため処理量はかなりのボリュームになります。それらを周囲とコミュニケーションを取りつつ迅速・的確に処理できる能力はもとより、海外展開や急速な人員増にも対応できる広い視野と柔軟性も求められています。

人事

スタッフの採用や人事制度の策定、各種諸規則の策定や運用管理、給与計算実務や社会保険・勤怠管理業務はもとより、スタッフ向けの福利厚生制度の充実や所内での各種研修のアレンジなど、人材獲得や人的クオリティの向上やスタッフ向けサービスのレベルアップなど業務は多岐にわたります。事務所の国内外での拠点展開に応じて、カバーする業務内容やエリアが拡大する一方、スタッフが"Quality of Life"を実現するためのサポートなど、業務は常に多様化しています。

受付

訪問されるお客様に対して丁寧かつ迅速な対応を常に心がけ、大小さまざまな会議やセミナーなどのニーズに対応するため、約50室ある会議室の予約管理を行います。その際、会議がスムーズに行われるよう、ニーズに合わせて会議室予約の段階から弁護士秘書や所内の関係部署との連携をはかり、急な変更にも対応できるようサポートを行います。そこでは、受付チーム内外との入念なコミュニケーションによる調整や協力、周囲への目配りや臨機応変な対応が求められます。