森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

スタッフ採用Q&A

どのような人材を求めていますか?

秘書職には、正確な事務処理能力やコミュニケーション能力が必要です。また、弁護士を支援するパラリーガル職や翻訳職等には、弁護士や事務所の仕事をバックアップすることの重要性に理解があることが必要です。その他の業務については、各分野の専門性を有していることが重要ですが、いずれの職務においても、明るく仕事に前向きに取り組んで頂ける方を求めています。

法律の知識は必要ですか?

国内パラリーガルや渉外パラリーガル、金融パラリーガルは法学部出身者や法科大学院出身者であることが望ましいですが、他の職種は法律の知識の有無は問いません。むしろ業務への適性を総合的に判断します。

入所に際して有利な資格はありますか?

取得が必須の資格はありませんが、語学検定のスコアや何らかの技能資格をお持ちの場合には、応募書類に明記して頂ければ、書類選考の際に考慮します。

入所試験はどのような内容ですか?

職種毎に内容は異なります。原則として筆記試験と面接試験(職種により回数は異なります)を実施した上で、検討・判断します。

英語力は必要ですか?

渉外秘書はTOEIC750点以上、英文翻訳職はTOEIC860点以上程度の英語力を目安としていますが、スコアが目安に満たない場合でもご応募は可能です。渉外秘書であれば、海外のクライアントと英語でコミュニケーションをとったり、英語の文書の校正を担当したりすることがあります。一方、英文翻訳職は単に英語が好きであるというレベルとは異なり、相当程度の実務能力(日本語能力も含む)が求められます。また最近は、事務所の海外進出に伴い、他の職種でも英語力があることにより効果的な仕事が可能となっています。

人事異動はありますか?

原則としては入所時の職種で活躍して頂くことを期待しています。但し、事例は多くはありませんが、業務の都合により人事異動をすることがあります。また、「所内公募制度」があり、欠員が生じ、内部で人材を登用したい場合には、所内で広く人材を募り、希望者を対象に人事異動をすることがあります。

東京以外のオフィスでも採用していますか?

国内には東京オフィス以外にも拠点があります(詳しくは当事務所のホームページでご確認ください)が、これらの拠点では弁護士法人森・濱田松本法律事務所による採用となります。原則として不定期で欠員補充採用になります。なお、採用情報は当サイトで提供しています。

海外で勤務することはできますか?

東南アジアの各都市にも拠点があります(詳しくは当事務所のホームページでご確認ください)。採用は原則として現地オフィスで実施していますが、日本国内に在住の方で渡航予定があり就労を希望される場合には、東京オフィスの人事部までご連絡下さい。東京勤務スタッフの海外転勤は、本人の希望により若干数実績があります。本人希望に因らない海外転勤は現状ありません。

新卒採用はありますか?

渉外秘書、英文翻訳職、そして渉外・金融パラリーガル職の職種を対象として、例年新卒採用を実施しています。今後も各年のスタッフの人員計画に基づき、新卒採用の実施の有無を検討します。採用情報は、スタッフ採用の募集要項ページでお知らせします。

中途採用はありますか?

欠員補充や増員のニーズ等に応じて、各職種にて中途採用を実施しています。採用情報は、スタッフ採用の募集要項ページでお知らせします。また、既卒者の方には、「キャリア登録」があります。詳しくは、中途採用のサイトをご覧ください。