森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

Quality of Life

私たちがめざすもの

私たちは、多様な人材が個々の能力を発揮できる組織・環境づくりが重要であると考え、就業環境や制度作りに取り組んでいます。例えば、

  • 出産や育児、介護のために休業を必要とするスタッフに対する制度の整備
  • 休業期間中のスタッフへの情報提供の充実化
  • スタッフから相談が寄せられた場合の、弁護士、人事部門、そして各部門のスタッフ・リーダーによる個別のフォロー

といったものです。いずれも当たり前の対応ですが、職場環境の継続的な改善のために、地道に取り組んでいます。その結果として、単なる仕事と生活の両立だけでなく、スタッフがキャリアを通じて「成長」・「共感」・「安心」を実感でき、事務所の継続的な発展に貢献できる"Quality of Life"を実現できると考えます。

職場環境に関するデータ

1か月当たりの法定残業時間平均

7.9時間

正職員の年間の有給休暇取得率

付与された日数に対する取得した日数の割合

79.4%

スタッフに占める女性スタッフの割合

正職員92.1% 契約等70.9%

年間の採用人数に占める女性スタッフの割合

94.4%

年間の出産した女性の育児休業取得率

100%

年間の育児休業を取得したスタッフの人数

男性0名 女性27名

年間の育児休業からの復職率

育児休業期間を終了した人数に対する復帰した人数

88.9%

正職員の平均年齢

男性38.7歳 女性34.9歳

正職員の平均勤続年数

男性12.1年 女性8.3年

年間の正職員離職率

2015年3.9%(14人/359人)

新卒入所者の3年以内離職

2009年卒0%(0人/14人)

※「年間」は2015年1月から2015年12月まで、その他は2016年3月現在

女性活躍推進計画

私たちの職場は、スタッフ全体に占める女性の割合が約9割に上ります。だからこそ、女性が長く、活き活きと働ける環境であることはとても重要であると考えています。女性の活躍をより推進するため、私たちは下記の計画に取り組んでいます。

計画期間および取組時期 : 
2016年4月1日~2021年3月31日

目標および取組内容

育児休業取得者の復職率を今後5年間に90%まで引き上げます。

育児休業からの復職者がより活躍できる人材配置・制度・整備・情報提供に努めます。