森・濱田松本法律事務所 RECRUITMENT

若手弁護士座談会

入所を決めたきっかけは何ですか?
入所前のイメージとのギャップはありましたか?

本日はお集まりいただきありがとうございます。この座談会では、採用活動を通じて多く寄せられる質問について若手弁護士の目線からざっくばらんに意見を交換してみたいと思っています。
早速ですが、入所を決めたきっかけについて聞かせてください。

中谷

私が就職活動を開始したのは大学生のときでした。法律事務所に関する予備知識があまりなく、各法律事務所はどういった特徴を持っているのかほとんど分からない状態で、法律事務所のウィンタークラークに参加しました。その中でも、実際に話をしたMHMの弁護士は多様性に富んでいるというのが特に印象的でした。そういった懐の大きな事務所に身を置けば、のびのびと自由に働けるのではないかという感想を持ってMHMに決めました。
実際、入所した後も事務所を窮屈に感じたことはなく、入所前のイメージどおりでした。

寺岡

予備試験が終わってウィンタークラークに行った際、若手の弁護士が、かなり年次が上の先輩弁護士に対しても、率直な意見を言っているのを目のあたりにし、間違いなく良い事務所だと感じ、MHMに興味を持ちました。その後いろいろな弁護士と話しをしていく中でもそのイメージは変わらず、MHMに入ろうと決めました。
入所後は、想像以上に若手の弁護士が臆せず自分の意見を発信する気風があるという印象を持っており、入所前に抱いていたイメージとのギャップは感じていないですね。

河西

私は、就活当初は、なんとなく中小規模の事務所の方が弁護士同士の顔が見えて仕事しやすいのではないかと考えていました。そのような中で、一応大規模な事務所も見てみようと思い、MHMに来てみました。MHMでは、事務所内のコミュニケーションもスムーズで、いろんな人と仕事ができ、一緒に働くメンバーが固定されないところに良さを感じ、MHMで多くのことを吸収したいと思い最終的に入所を決めました。

楽しい環境で働きたいなという点を重視して就職活動をしていました。MHMについては、どの弁護士も明るく積極的に発言するというのが率直な印象でした。正直に言うと、他の事務所と悩んだところもあるのですが、大きな決め手として、面談の際にパートナーの弁護士から、「澤さんはいい意味で生意気なところがあるね(笑)。それは裏を返すと自分に自信があるっていうことなのかもしれない。MHMには、そういう人も含めて多様な人材を受け入れる土壌があるから、ぜひうちに。」という話があったのですが、そこに若手の弁護士がカットインしてきて、「いや、それよりも、もっとこういうところにも着目して事務所選びをした方が良いよ」と言われて、正直そこがすごく良いと思って。年次が上の弁護士が話しているときにそれを遮って自分の意見が言えるのは、事務所の風通しの良さの表れだなと感じたからです。入所後もギャップを感じることはなく本当に良い事務所に入ることができたなと思っています。

保坂

私は、「業務分野」と「人」の2点が決め手でした。入所前から、M&Aに対する憧れを持っていて、M&AをやるならMHMが良いという話を色々な人から聞いたことが一つの決め手でしたね。また、この事務所は和気あいあいとしていて非常にフレンドリーな雰囲気がありつつも、どこか物腰柔らかで、謙虚さを感じるような心地よい距離感を取る人が多いなという印象を受けていて、ここに入ったら居心地よく楽しく仕事ができるのではないかなと感じたことも決め手になりました。

サマーアソシエイトに参加して、1つは、特にパートナーとアソシエイトの間の風通しのよさをすごく感じました。MHMは体育会系ですかという質問を今でもたまにいただくのですけど、それは全く感じていなくて、上下関係を気にして意見を言える/言えないという雰囲気はないですね。もう1つは、私は学生の頃からファイナンスを志望していたのですが、MHMはファイナンスも非常に強くて、実際にファイナンス分野を取り扱う弁護士に会って話してみたら、非常に先進的かつ魅力的な面白い案件をやっていることも分かり、MHMに決めました。事務所に入ってからも、この印象は変わっておらず、ギャップは感じていないです。

教育システムについて教えてください。

2つ目の質問に移ります。MHMの教育システムについて紹介していただけますか。

河西

入所してから1か月間は新人研修という形で事務所の各種プラクティスを牽引する弁護士から各分野について講義を受けたり、英語の研修を受けたりします。その1か月が終わったら、実際に業務に携わり始めるという流れとなっています。業務に携わるようになった後にも、基礎連続講座やCLE等があり、その中で継続的に各分野について学べます。私自身、実際に業務に携わるようになった後で、基礎連続講座やCLEに参加すると、最初の1か月に学んだのとは違う観点から話を聞くことができ、勉強になっています。

保坂

やはり一番勉強になるのは実際の業務を通じてのものだと思いますし、この事務所の場合は、島制度ローテーション制度があることによって、先輩弁護士に相談する際の垣根がとても低いと感じていますので、これらの制度を基軸としてOJTがしっかり機能しているのではないかと思っています。先輩アソシエイトやパートナーから直接に自分のドラフトに対するコメントやアドバイスを受け、その場で口頭で議論したり、電話越しにクライアントに対して先輩弁護士がどういう説明をしているのかを常に聞ける環境にはありますので、そういった中で、こういう場面ではこういうアドバイスするんだ、と学ぶことはとても多いと感じます。

島制度は仕事しやすいですか?

島制度について実際感じていることを教えてください。

島制度は、各弁護士が個室の中で執務するのではなく、複数の弁護士が一つの部屋の中で執務するというシステムで、その中でパートナーもアソシエイトも含まれていて、年次もバラバラです。弁護士としてどのように立ち振る舞うべきか、どのように案件を進めていくかというのはもちろんのこと、そもそも社会人としての常識を含め、仕事のイロハを、島制度の中で学びました。
また、異なる年次の弁護士と一緒に働ける環境にあるので、他の年次の弁護士がどこに気を遣っているのかを自然と学べる環境がよいと感じています。

寺岡

同室の弁護士だと、その日その時の互いの業務状況がよく分かるので、声をかけあってランチに行くこともありますね。それによって気軽に質問する関係も作りやすいと思いますね。

仕事は同じ島の人とばかりですか。

寺岡

同じ島にいる弁護士と仕事をする機会はありますが、私自身は平均するとすべての仕事のうち3、4割程度かなと思います。そもそも業務の性質上、複数の分野の弁護士が協働することが求められることも多いので、島だけで完結しているということはなく、同フロアや、フロアをまたいでの関係もあります。

中谷

私は、受験生時代は、自宅で部屋にこもって勉強することが多かったので、複数人がいる部屋で働くことへの不安はありました。ただ、実際に働いてみると、島は、適度にプライバシーに配慮された配置になっており、集中するのに問題ないと感じています。また、他の弁護士の電話を聞くこともでき、学びの機会になりますし、他の弁護士と同じ場所で働くことによって一定の緊張感を生み、仕事の効率化にもつながる面があると思います。そういった意味で、バランスの取れたベストな環境だと思っています。自分の仕事が終わっても、周りの人の仕事が終わっていないので帰りづらいと感じることもありませんし、快適に働けています。

ローテーション制度について実際感じていることを教えてください。

次のテーマに移りまして、ローテーション制度について実際感じていることを聞かせてください。ローテーション制度では、MHM のすべての業務を大きく3つの分野に区分した上で、最初の1年間でそのうちの2つを半年ずつ体験することとし、座席も移動します。このローテーション制度、河西さんはどのように感じていますか。

河西

私は、そもそも入所した当初、何をやりたいという志望があまり明確ではなくて、入所時に分野を決めなくともよいというところが、MHMに決めた理由の一つでもありました。実際に、ローテーションを通じて2つの分野を経験した結果、入所前にはなかった具体的な業務のイメージを持ったうえで、自らの業務分野を選択できたので、ローテーション制度があって良かったと実感しました。

コーポレート、ファイナンスというローテーションでしたが、前半ではコーポレートのなかでも株主総会やM&Aを経験しました。後半では資金調達に関する取引をメインで取り組みつつ、開示案件等も経験しました。その結果、最初の1年間で、様々な分野の業務に、様々な弁護士とともに携わることができました。とても多くの知見を得ることができた点であるとか、事務所に所属する弁護士との関係が拡がったことが、大規模事務所の中でも円滑に仕事を進める中でかなり大きな財産になっていると思っています。

私の場合はM&Aとファイナンスを両方経験して、今はファイナンスをやっています。やっぱり最初のローテーションで半年間同じ釜の飯を食った人達との繋がりがあるので、ローテーションが終わった後も、相談や質問ができて連携がスムーズになったと思っています。
これまではコーポレートとファイナンスのローテーションの話でしたが、中谷さんは、訴訟・紛争とコーポレートのローテーションでしたよね。

中谷

はい、私はコーポレートと訴訟・紛争のローテーションでした。前半でコーポレートを経験したのは、当初からM&Aを希望していたことによるものでしたが、司法試験の選択科目であった倒産法にも興味があり、後半のローテーションでは倒産や債権回収、不正調査の分野を中心に取り組むことになりました。これらの分野は、現在取り扱っているM&A分野と直接的な繋がりがあるわけではありませんが、ローテーション制度の中で全く異なる分野を経験できましたし、その経験を踏まえて2年目以降に力を入れる分野を決めることができました。もちろん、今でも訴訟・紛争分野の弁護士との繋がりはありますし、個人的に親しくしている弁護士も数多くいます。

保坂

もう少し大きな視点から付け加えるとすると、そもそも事務所のカルチャーだったり風通しの良さのようなものは、このローテーション制度から来ている部分も大きいのではないかと思いますね。同じ部屋に半年居た新人弁護士が別の場所に移動したとしても「向こうで頑張ってるなぁ」と感じることによって生まれる雰囲気があるような気がしていますし、若手弁護士から見ても、事務所の多くの人と関わる機会が自然に持てるだけで、心理的な愛着や、事務所への帰属意識の醸成にも寄与していると感じています。

森・濱田松本の女性弁護士を取り巻く環境について教えてください。

次は、事務所の女性弁護士を取り巻く環境について教えて頂ければと思います。

河西

入所前は、漠然とした不安な気持ちもありましたが、実際に入所した後は、女性であるからといって働きにくいと感じたことは全くありません。

寺岡

大手法律事務所の業務は激務と聞く中で女性として体力面では男性に劣るかなと不安な気持ちもあったんですが、入ってみると、体力的につらいときには適宜相談して調整してもらうこともできることが分かり、河西さんと同じく、女性だからといって働きにくさを感じるということはありません。女性同士で食事に行ったり、廊下で雑談したり相談することも度々あって、そういうところで日々の不安も解消することはできているかなと思います。将来もし子育てしながら働くときにどうなるのかと考えたときも、既に事務所が用意している各種の制度を活用しながら働いている弁護士もいますし、どんな働き方、生活の仕方になるのかというのがイメージしやすい環境にあるなと思っています。

ありがとうございます。制度面からみても、産休・育休も浸透しており、きちんと活用もされていますよね。加えて、男性・女性ということに限らず、ダイバーシティの観点からいうと、MHMはダイバーシティ&インクルージョン(D&I)ポリシーを2020年に定めて、所内にも周知されており、あらゆるアイデンティティの人が気持ちよく働ける環境を重視しているのを感じます。

寺岡

また、最近はリモートワークの活用により通勤時間がなくなるなどした結果、体力的には楽になった側面もあると感じています。自宅の方が落ち着いて仕事ができるというタイプの人もいると思うんですが、そういう人にとってはより柔軟に働き方を選択できるようになったことは大きなプラスではないかと思います。働く場所やタイミングを調整しやすくなり、より各人のライフスタイルに合わせた働き方が可能となったと感じています。

働き方の多様性がより認められやすくなったという側面がありますね。

どんな時に仕事のやりがいを感じますか?

日々の業務の中で、どんな時に仕事のやりがいを感じますか。

河西

入所直後は、クライアントから電話で質問を受けたときは一度あずかって検討した上で、こちらから掛け直してお答えすることが多かったのですが、徐々に以前の経験を踏まえてその場で回答できることが増えました。ドキュメンテーションでも、以前の経験からここは気をつけなくてはいけないなといった視点が少しずつ増えてきて、そういった日々の成長が私のやりがいです。

保坂

私は、ひとつひとつの案件に丁寧に向き合って、内部や外部も含めたチームの中で自分が貢献できた、バリューを発揮できた、と思うときには充実感がありますね。日々の多忙な業務の中でも、これに関しては自分ががんばった、と思えるときはやりがいを感じています。あとは、月並みですが、自分が関わった案件が新聞に載っていて、「これに自分が関わったんだな」、「でかい仕事やったなー」、といった達成感を感じる瞬間もありますね。

社会的意義の大きな案件が多いですからね。そういう意味でもやりがいは感じられるように思います。中谷さんはどうですか。

中谷

クライアントが陥っている難局を乗り越えるために法的アドバイスをし、それが成功に終わって感謝されたときはもちろんやりがいを感じます。また、そもそもクライアントが難局に陥らないように予防法務を確実に行うことも大事な仕事の一つなので、つつがなく案件を完遂できたときには、「いい仕事ができたな」と自分を評価することもありますね。

今一番大変なことは何ですか? これまでで一番大変なことは何でしたか?

今一番大変なことは何ですか。また、これまでで一番大変なことは何でしたか。

MHMでは、若手が前に出る機会が多いと感じていますが、そういった適度に重圧のかかる役割を担うからこそ、自分の案件として積極的に、主体的に取り組めていると思っています。

保坂

グローバルな大きい案件や、新規性が高くて論点が多い案件というのは、かなりチャレンジングなところがあるように感じています。内容として難しい点もありますし、進め方としても予定調和的にいかないというか、突発的にクライアントから過去に検討したことがないような質問を聞かれたり、そもそもこれどうやって進めましょうか、といった質問を受けたりすることが頻発する案件は大変ですね。あとは、先輩、後輩が入ったチーム全体としてどうやって動いていくか、どう効率的に進めていくか、という点も工夫が必要で悩ましいところです。

中谷

これまでのM&Aの経験や東京証券取引所への出向の経験から、より専門的な知識を求められることが多くなってきました。また、案件を担当する際、チームの中で相対的に上の年次になることも増えてきているので、中堅アソシエイトとして、チーム全体がスムーズに意思疎通できるよう調整することが大事な役割の一つになってきました。そこはまだ試行錯誤が必要で、なかなかうまくいかないと思うこともあります。

人と一緒に仕事していく中でどう連携していくか、という点は常に頭を悩ますポイントですよね。あと、新規性が高い案件を担当することが増えてくると、先例や文献をみればすぐ答えが出てくるという仕事ではなく、自分で頭を使って考える仕事の割合が自ずと増えてくるので、難易度が上がることもあるように私も感じています。

仕事が忙しいと聞いていますが、仕事以外のプライベートは確保できますか?

皆さん、休日などはどう過ごしていますか。

私は所内イベントや所内のサークル活動に充てることが多く、MHMはそういったところも充実していると思っています。たとえば所内イベントとしては、新人歓迎会、クルーズ、バーベキュー、運動会や忘年会などがあり、所内イベントに参加して、仕事以外でも関係性を築くことができれば、それが仕事にも活かされるのではないかと思っています。また、サークル活動は、フットサルのサークルに参加し、最近怠けている体を鞭打って動かしています。

寺岡

コロナ禍前は、休日少し仕事が落ち着いているかなというときは実家に帰ったり、友人や夫との旅行を楽しんだりすることが多かったです。平日夜も、同僚や友人と食事に行くことも度々あり、リフレッシュできています。このところは、コロナの影響によりあまり遠出はできていませんが、修習時代の友人とオンラインで話したりゲームをしたりと、プライベートの時間を確保してリフレッシュしています。

保坂

コロナ禍前はMHMの所内イベントに参加したり、金曜日に近くの席の人たちと飲みに行ったりはよくしていましたし、連休や夏休みなどまとまった休みが取れたときは海外旅行をしていました。コロナ禍では在宅勤務がメインになったことで家にいることが多くなりましたけど、そもそも仕事のスケジューリングの裁量が広い職種ではあると思うので、そういった特性をうまく活用してやりくりすることができていると思っています。

スケジュールの裁量はあるので、やることをやっていれば、あとは残りの時間をどのように過ごすかは個人の自由ですし、プライベートの時間は確保できるということですね。
私も夏休みはちゃんととって、旅行に行ってますし、また最近は料理をすることが新たな趣味に加わって、仕事に疲れたらちょっと料理をして心を無にして、野菜を切るという時間が今の私にとってすごく大切な時間になっています(笑)。

コロナ禍で働き方はどのように変わりましたか? テレワークの様子もお聞かせください。

資料の閲覧や会議がWebで行われるようになったので、慣れるまではかなり抵抗を感じていました。今となっては紙や対面よりも、Webの方が効率的と感じるようになり、これは大きな変化だったのではないかと思います。また、テレワーク中も、オフィスで働いている時と変わらず適宜の方法で誰にでも気軽に質問をする雰囲気が醸成されていて、やり取りが主に電話やTeams等になった分、座席が離れているなど物理的な距離がある弁護士に対しても、より簡単に質問することができるようになったとも感じています。

寺岡

私は、図書室でのリサーチや対面の会議、裁判期日等の予定がない場合はテレワークにしていることが多いです。クライアントからもWeb会議の依頼をされることが増えていて、効率的に仕事ができると感じています。コミュニケーションも電話やTeams等でスムーズに行われています。テレワーク推奨が始まった当初は自宅で集中できるか不安もありましたが、現時点では大分慣れてきて、自分に合ったスケジュールを立て、適宜休憩のタイミングも確保してメリハリをつけることで苦労なく仕事ができるようになっています。

私は業務のうち、契約書の作成やレビューの機会が多く、自宅作業に向いているため、テレワークの割合が非常に多くなっています。MHMはリーガルテックに力を入れていて、ベンチャー企業と連携しながら新しいツールをどんどん導入しているので、色々な文献などを自宅で見ることができ、非常に仕事が効率的にできる環境かなと思います。

どのような人に入所してほしいですか? どのような人と一緒に働きたいですか?

私は自分の考えをしっかりと伝えることができる方に入ってほしいです。
実際に弁護士になって案件に関わるようになると最初は本当にわからないことばかりですが、やはり自分の考えをしっかりと持って、議論をすることで多くを学んでいくことができると考えています。また、そのような方に入っていただけると、私自身も刺激になるはずだと思っています。

寺岡

私は、担当する全ての案件に対して責任感を持って取り組む方と一緒に働きたいなと思います。小さい案件から大きい案件までいろいろな案件を担当することがありますが、若手のうちから全て自分の案件だという意識で取り組む方はやはり伸びるのが早いなと周りを見ていて思いますし、そういう方にぜひ入所いただき共に働きたいと思います。また、合議等を通して感じるのは、たくさん発言する人、口数は少ないけれど要点をついて話す人、いろんなタイプな人がいることによって新しいアイディアが生まれたり、いい議論になると感じています。多様な個性を持つ人が集まる事務所が理想的だと思っています。

保坂

何かしらビジョンを持っていて、自分が将来的にこういう人になりたい、こういう弁護士になりたい、企業法務でこういうことがしたい、といったことを語っている人たちは、やはりすごく魅力的だなと感じますし、そういう方と働きたいと思います。また、遠慮せずに、これは分からない、ここは分かっている、ということを切り分けてしっかり伝えられる方はすごく働きやすく感じますね。

中谷

自分が若手のときはなかなか意識しづらい部分でしたが、担当している案件に対する責任感を強く持っている方と一緒に働きたいです。MHMでは色々なメンバーと複数人で案件を担当する機会が多いですが、それによって責任が細分化されるわけではなく、一人一人が自分に最も責任があるという意識を持つことが大事だと思うので、そのような意識を持っている方と一緒に働きたいなと思います。
また、周りに対して配慮ができる弁護士は、一緒に働いていて気持ちが良いと感じることが多いので、周りに対する配慮という視点も忘れずに業務に取り組める方に入所いただければ嬉しいなと感じます。

ありがとうございます、責任感というキーワードが何人かから出ましたが、やはり案件への責任感はMHMのどの弁護士にも共通する特徴なのかなと改めて感じています。多様な人材が所属している組織であることを前提にしつつも、それぞれが自身のスタイルで責任感を持って業務に取り組んでいることが共通項なのだと思います。

今後どのような弁護士になりたいですか? キャリアプランや将来への不安はありますか?

河西

私は、一つ一つの業務にどんな姿勢で取り組むかで、どんな弁護士になるかが決まるのかなと感じています。ですので、当たり前のことかもしれませんが、日々の業務は様々ですが、どれも自分の中で気になった点についてはしっかり調べたり、前例にとらわれすぎず自分の頭で良く考えたりして、自分自身も、そしてクライアントも満足のいく成果物を出していくことを大事にする弁護士になりたいなと思っています。時には時間との兼ね合いもありますが、その姿勢を崩さないで、丁寧な仕事を積み重ねて力のある弁護士に成長していきたいなと思っています。

現在主に取り扱っているキャピタルマーケッツの案件だけではなくて、ローテーションの際にやっていた株主総会対応やM&Aにも携わりつつ、最近では紛争や労働分野にもかなり手を広げている状況で、最初に幅広い分野の案件を経験できているのはよかったのと思っています。私は1つのことだけをずっと突き詰めるというのは苦手なので、これまでに経験した分野の中から複数の分野を選んで専門化していくことを、今後のキャリアプランとして考えています。1つの分野を極めるのも難しいのに、複数の分野に取り組みたいというのは大胆に聞こえるかもしれないですけれども、MHMにはそれぞれの分野の第一人者がいますし、私の目標達成・キャリアプランに向けて最適な場所だと考えています。

寺岡

今は金融関係のクライアントの案件を担当することが多いですが、金融の形も変わろうとしている時代の中で、弁護士の役割も変容しつつあると感じており、時代の変化を捉えながら、より専門性を深めていきたいなと思っています。また、近い将来には留学や海外研修を通じて、国際的な案件を積極的に担当していきたいと思っています。家庭との関係で、「もし将来自分が子供を持ったときにどう両立していけるのか?」という漠然とした不安はありますが、相談できる環境は整っていると感じていますし、実際に子育てと仕事を両立しながら活躍している先輩弁護士は沢山いますので自分のシチュエーションに合わせた働き方をしつつ、自分の専門性を深めていけたらなと思います。

保坂

私は、M&Aを軸とした企業法務を通じて、日本経済を盛り上げていけるような弁護士になれたら、と思っています。そのために日々の案件を丁寧にやることは勿論ですし、出向して、例えば立法政策に携わってみたり、留学や論文の執筆活動なども通じて、自分の強みや専門性を高めたりしながら、国内外を問わず最先端の実務に身を置きつつ、将来的には特定の分野を牽引できるような弁護士になれたらなと思っています。MHMは、そのような目標の達成を後押ししてくれる環境だと感じています。

中谷

ある程度年次を重ねてきましたが、M&A案件のレンジの広さや深みを感じ始めたところなので、引き続きM&A全般でのリーガールサポートの経験を積み、ノウハウをためていきたいと考えています。
また、入所してほしい弁護士像として述べたところと重なりますが、一緒に働いていて気持ちが良いと思ってもらえる弁護士でありたいと入所の時から常々思っており、引き続きその目標は持ち続けたいです。
今後は、留学等を経て、新たな分野を開拓することも検討していきたいと思っています。

私は、これまで再生可能エネルギーなど環境・エネルギー関連の案件を沢山経験してきたので、そういった分野での専門性を高めていきたいと思っています。留学でも最新の法制度や法実務の知見を得て、持ち帰れたらいいなと思っています。この分野は、M&A・紛争その他いろいろな分野に関連して、多様な業界に跨いで関わってくるので、そういったいろんな分野の知見を集めて、それを統合したアドバイスをする必要があります。そのような観点でみたとき、MHMは最適のプラットフォームだなと感じていますし、これをフル活用して専門性を確立していきたいなと思います。
やがては、その専門性を活かしてこれまでお世話になった事務所内外の方々に恩返ししていきたいです。