弁護士採用
弁護士
インターンシップ
スタッフ採用
Q&A
スタッフQ&A

皆様からよくいただく質問に対してお答えいたします。

どのような人材を求めていますか?
Q

秘書職には、正確な事務処理能力やコミュニケーション能力が必要です。また、弁護士を支援するパラリーガル職や翻訳職等には、弁護士や事務所の仕事をバックアップすることの重要性に理解があることが必要です。その他の業務については、各分野の専門性を有していることが重要ですが、いずれの職務においても、明るく仕事に前向きに取り組んで頂ける方を求めています。
詳しくはスタッフ採用、募集要項ページをご確認ください。

法律の知識は必要ですか?
Q

国内パラリーガルや渉外パラリーガル、金融パラリーガルは法学部出身者や法科大学院出身者であることが望ましいですが、他の職種は法律の知識の有無は問いません。むしろ業務への適性を総合的に判断します。

入所に際して必要な資格はありますか?
Q

取得が必須の資格はありませんが、語学検定のスコアや何らかの技能資格をお持ちの場合には、応募書類に明記して頂ければ、書類選考の際に考慮します。

選考プロセスはどのような内容ですか?
Q

職種毎に内容は異なります。原則として適性検査と面接試験(職種により回数は異なります)を実施した上で、検討・判断します。職種により筆記試験を行う場合もあります。詳しくは、スタッフ採用の募集要項ページをご確認ください。

英語力は必要ですか?
Q

渉外秘書はTOEIC750点以上、英文翻訳職はTOEIC860点以上程度の英語力を目安としていますが、スコアが目安に満たない場合でもご応募は可能です。
近年は、事務所の海外進出に伴い、他の職種でも英語力があることにより効果的な仕事が可能となっています。詳しくはスタッフ採用の募集要項ページをご確認ください。

人事異動はありますか?
Q

原則としては入所時の職種で活躍して頂くことを期待しています。但し、事例は多くはありませんが、業務の都合により人事異動をすることがあります。また、「所内公募制度」があり、いずれかの部署で人員補充が必要となった際、所内で広く人材を募り、希望者を対象に人事異動をすることがあります。

東京以外のオフィスでも採用していますか?
Q

国内には東京以外にもオフィスがあります(詳しくはオフィスにてご確認ください)が、これらのオフィスでは弁護士法人森・濱田松本法律事務所による採用となります。原則として人員補充のニーズが生じた際の不定期の採用になります。採用情報は当サイトで提供しています。

海外で勤務することはできますか?
Q

東南アジアの各都市にもオフィスがあります(詳しくはオフィスにてご確認ください)。採用は原則として現地オフィスで実施していますが、日本国内に在住の方で渡航予定があり就労を希望される場合には、東京オフィスの人事部までご連絡下さい。東京勤務スタッフの海外転勤は、本人の希望により若干数実績があります。本人希望に因らない海外転勤は現状ありません。

新卒採用を実施していますか?
Q

渉外秘書、英文翻訳、パラリーガル、広報の職種を対象として、例年新卒採用を実施することが多いですが、対象職種は変更の可能性があります。毎年スタッフの人員計画に基づき、新卒採用の実施の有無を検討し、採用情報は、スタッフ採用の募集要項ページでお知らせします。

どのような職種で中途採用を実施していますか?
Q

欠員補充や増員のニーズ等に応じて、各職種にて中途採用を実施しています。採用情報は、スタッフ採用の募集要項ページでお知らせします。また、既卒者の方には、「キャリア登録」があります。詳しくは、スタッフ採用の募集要項ページをご覧ください。

既卒でも新卒採用に応募できますか?
Q

採用予定年度の前年3月以降の卒業者、且つ就職歴のない方はご応募いただけます。

入所前に先輩スタッフに直接話を聞く機会はありますか?
Q

新卒採用においては、座談会を実施しています。中途採用においては、内定後ご希望に応じ現職スタッフとの面談を設けることがあります。

キャリア登録を希望し書類を提出した場合、選考結果の連絡はどのようになりますか?
Q

希望される職種の募集を行った際に、書類選考通過した場合のみご連絡させていただきます。その為、必ずしも全員に選考結果を通知しておりませんのでご了承ください。